• お問い合わせはこちらから: 092-292-9169

MR VivoLVA® Small Animal MRI

世界最高強度のマグネット

ネオジムを用いた世界最高強度の永久磁石を利用したMRI装置として唯一の選択肢を提供しています。永久磁石は、その強大な磁場を維持するためのエネルギーコストが極めて安価で、かつメンテナンスフリーです。また、その永久磁石の品質・性能をコントロールし、最大強度のMRI用磁場として完成させることに成功しました。

オープンな構造

非常にユニークなオープン構造のマグネットを実用化しました。試料の状態を確認しながら測定することが出来るため、時間をロスすることなく実験に集中できます。

特長

豊富な撮像シークエンス

MRminiSAの撮像シークエンスに加え, より高速な撮像プログラム (高速スピンエコー法:FSE) を標準装備しました. これによりこれまでより撮像時間が最大32倍短縮し, これにより高解像度 (3D) のT2強調撮像などが取得可能となりました. それ以外にも以下のようなシークエンスが使用可能です. 下記以外のシークエンスについては別途ご相談下さい.

  • 3面スカウト画像
  • スピンエコー (2D, 3D)
  • グラディエントエコー (2D, 3D)
  • 高速スピンエコー (2D, 3D)
  • 拡散強調シークエンス (2D, 3D)
  • 反転回復法
  • uTEシークエンス
  • 同期撮像用入力ライン1ch標準搭載 (呼吸, 心拍等)

スケジュール撮像機能搭載 (任意シークエンス)

撮像シークエンスを組み合わせての連続撮像が可能です (予約撮像機能)

FOV 10mm-200mmまで任意設定可能です.

解像度が2倍upしました (156μm/pixel⇒78μm/pixel)

※(撮像可能領域は, RFコイルの感度領域に依存)

見たい断面を, 動物側を動かすことなくソフト側で角度を変えることが可能です.

3断面だけではなく任意の角度で撮像断面を取得可能 (オブリーク機能)

磁気回路と離れた場所からのMR撮像操作が可能 (リモート機能)

有線 (または無線) LANでのPC接続により磁気回路より離れた場所からの操作が可能

データ出力

RAWデータ, ビットマップ, オリジナルフォーマット (オプションソフト:リアリアプロ使用時にDICOM出力可能)

 

 

主な仕様

永久磁石磁気回路MRI コンソール部製品情報一覧

 永久磁石磁気回路

品名 MR VivoLVA 110 MR VivoLVA 1545 MR VivoLVA 1506 MR VivoLVA 1508 MR VivoLVA 206
カタログ番号 NXRD110N NXRD1545N NXRD1506N NXRD1508N NXRD206N
磁場強度 1T (テスラ) 1.5T (テスラ) 2T (テスラ)
撮像範囲 約50mm球内部 約25mm球内部 約35mm球内部 約40mm球内部 約30mm球内部
磁極間隔 100mm 45mm 60mm 80mm 60mm
サイズ (W:D:H 脚部含) 780mm × 600mm × 900mm 650mm × 450mm × 800mm 670mm × 670mm × 840mm 800mm × 710mm × 1080mm 660mm × 660mm × 1100mm
重量 (脚部含) 1200kg 300kg 900kg 1500kg 1600kg
永久磁石 高性能希土類 (Nd-Fe-B) 永久磁石
磁気回路形状 垂直磁場方式, ワイドオープン型
漏洩磁場 (0.5mTライン) 各方向, 磁場中心から半径1m以内
温度制御 白金センサー, ヒーター, 過昇温防止機能内臓
電流シム 3ch+二次シム (二次シム用電源はオプション)
勾配磁場コイル 高リニアリティー型, 空冷対応

MRIコンソール部

品名 MR VivoLVA 110 MR VivoLVA 1545 MR VivoLVA 1506 MR VivoLVA 1508 MR VivoLVA 206
カタログ番号 NXRD110N NXRD1545N NXRD1506N NXRD1508N NXRD206N
Operating System Windows 7 (日本語64bit版)
MRI計測・画像再構成 Medalist Ver.1
データ出力 Raw, ビットマップ, オリジナルフォーマット
2Dビューワ ImageJ (日本語版)
3Dビューワ Expert INTAGE(小動物用MRI,オプション)
撮像法 3面スカウト画像, スピンエコー法 (2D/3D), 勾配エコー法 (2D/3D), 高速勾配エコー法 (2D/3D), 拡散強調法 (2D/3D), 高速スピンエコー (2D/3D), 反転回復法, オブリーク撮像
スケジュール撮像機能 任意の撮像シーケンスの組み合わせによる連続計測
フリップアングル (FA) 任意
シム調整 オート/マニュアル
ゲイン調整 オート/マニュアル
撮像視野(FOV) 200mm~10mm任意
最小空間分解能 78μm
外部トリガーライン 同期撮像のため光アイソレートされた入力ライン (1ch) を標準装備
リモート操作 LAN, インターネット回線によるリモート撮像
LDCモニター カラー液晶23インチ以上 (1280以上 × 1024以上対応)
キーボード 日本語対応キーボード
マウス 光学式
サイズ (W:D:H 脚部含) 600mm × 750mm × 1340mm
重量 約200kg
入力電源 単相100V 15A

製品情報一覧

カタログ番号 品 名 備考
NXRD110N MR VivoLVA 110 1T, 磁極ギャップ100mm (マウス, ラット用)
NXRD1545N MR VivoLVA 1545 1.5T, 磁極ギャップ45mm (マウス用)
NXRD1506N MR VivoLVA 1506 1.5T, 磁極ギャップ60mm (マウス用)
NXRD1508N MR VivoLVA 1508 1.5T, 磁極ギャップ80mm (マウス, ラット用)
NXRD206N MR VivoLVA 206 2T, 磁極ギャップ60mm (マウス用)

※本製品は強力な磁場を発生いたします. 設置に際しては別途ご相談下さい.

※仕様, 材質および外観等は改良のため予告なく変更することがありますのであらかじめご了承下さい.

アプリケーション

弊社の実験小動物用MRIは以下のような研究にお使いいただいております.

  • 脳研究 (脳神経, 脳虚血)
  • 循環器 (血管造影)
  • 再生医療研究 (細胞トラッキング)
  • 整形外科 (脊髄, 関節)
  • 腫瘍研究
  • 創薬・薬学研究:造影剤開発, 薬効評価
  • 動物病態モデル作成確認, 他

お客様のご要望により、様々なカスタマイズを行うことも可能です。たとえば周波数を変えてプロトン以外のMRI(上記例では31P, 1.5Tでは26MHz)の撮像といった編成も可能です。

撮像例:mr_vivolva_3-4

VivoLVA®技術情報

任意臓器の3D抽出や体積の計測 関連製品:○「Expert INTAGE (小動物用MRI)」 「Expert INTAGE (小動物用MRI) Drawing Extractor付」についての詳細は下記までお問い合わせ […]

コメントなし

VivoLVA最新情報No.2

蛍光イメージング装置とMR VivoLVAⓇを用いた幹細胞の移植時3次元位置情報確認例のご紹介 「MR VivoLVAⓇ」装置開発の現状「同期撮像」ご紹介(Ⅱ)

コメントなし

VivoLVA最新情報No.1

「再生医療研究に使用できるツール」細胞ラベル化試薬「MR Tracker CL」ご紹介 「MR VivoLVAⓇ」装置開発の現状「心拍同期」ご紹介 *心拍同期撮像に際しては、MR VivoLVAシステム本体以外に別途心拍 […]

コメントなし